土地が狭くても広々と暮らせる快適性を

制震構造の住宅

制震構造とは

災害対策にはいろんな物がありますが制震構造についてはあまり聞き慣れないかもしれません。

制震構造が他の対策と大きく異なっている点は、地震が発生した時に建物の揺れをより小さいものにする事をいいます。揺れが小さいと建物への負担も小さくなり倒壊する事を防ぐ事ができるかもしれません。

また制震構造は耐震構造が基本となっていて、更に高度な対策を行う事で実現する事ができます。
非常に素晴らしい技術の一つです。

制震構造の仕組み

制震構造は実際にはどの様にして行われるか知っていますか。

制震構造の発想はとてもユニークで地震が発生した時に反対の動きをする物を構造の中に利用したり、揺れを吸収する様な物を利用しています。

また、大きな地震が発生するのは一度きりではなく、余震などが発生する事も考えられます。一度だけではなく何度地震が発生した場合でも対応できる方法として注目されています。

ぜひ、制震構造を注文住宅で実現しませんか。

注文住宅の坪単価はどの程度か

土地を購入、注文住宅の建築を依頼しました。二階建てで、延べ面積40坪は必要です。

ハウジングセンター等のモデル住宅はそのまま使えば、坪単価は80万は越します。一般のサラリーマンで平均は坪単価60万くらいでしょう。それで見積もってもらって、建築を始めても、あちこちと予算が増えるものです。

注文住宅ですから、外壁とか外交外構とかの予算もいります。一点豪華主義にするか、まんべんなくか迷うところですが、一番大事な台所、皆の集うリビングにはお金をかけたいものです。平均して、やはり60万には収めたいところです。